ボタニックサシェ

ABOUT画像を非表示

Story ストーリー

Mapを非表示
2015年の秋。アンティークショップで見つけたランチョンマット。 しばらく見つめていたらオーナーさんがマットを手に取り、買い付けの時の様子や、 生地の歴史を沢山教えてくれました。 そのストーリーを聞いた瞬間、急にそのマットに愛着を感じたのを今でも覚えています。 それから家でそれを使うたびに、いつもは味気ない机の上がときめいて見えました。 「愛着があるものを身の回りに置いて生活したら、毎日がもっと幸せになるのではないか」と思い、誰かのふだんの暮らしを豊かにするお手伝いをしようと、その時趣味で作っていたサシェをブランドにしました。 お部屋のちょっとさみしいと思うところに置くだけで、ふわっと香りが立ち込め、なんでもない場がちょっと素敵な空間に。 それがボタニックサシェです。